1. オフィスのBGMで仕事効率アップ?気になる効果は?

BGMでの快適なオフィス環境作り

オフィスのBGMで仕事効率アップ?気になる効果は?

オフィスのBGMで仕事効率アップ?気になる効果は?

オフィスでBGMを流すと、仕事効率が上がると言われています。実際、オフィスで音楽を聴きたいという人は、世代を超えて多数存在しています。オフィスでBGMを流すと仕事効率にどのくらい効果があるのか、紹介します。

80%以上が仕事に好影響

 ある調査によると、オフィスで音楽を聴けるのが良いことだと思っている人が、20~50代の各世代に渡って80%以上の結果になったそうです。また、オフィスのBGMで仕事効率がアップするかどうかについても、80%以上が好影響と回答していることがわかりました。オフィスBGMが、気分転換や集中力アップ、モチベーションアップ、スピードアップなどにつながると感じている人が多いといえるでしょう。

 人によっては、イヤホンをつけて作業をしている方もいます。こうした方は、実は集中力アップや仕事効率を上げるためといった効果に期待しているという調査結果もあるのです。オフィスにBGMが流れていれば、イヤホンをつけることなく、作業に集中して取り組めるようになるでしょう。

仕事中に音楽を聴く効果とは?

仕事中に音楽を聴く効果とは?

 オフィスには、電話音や着信音、人の話し声、移動音など、あらゆる雑音が乱れ飛んでいます。そのような環境に慣れていると思い込みながら、仕事を進めている人も多いでしょう。しかし、実は雑音に囲まれるなかでは作業効率は悪くなるといわれているのです。

 ワークスペースがオープンになっている、あるいは低めのパーティションで仕切られたスペースでは、従業員の仕事効率が低下するという研究結果が発表されています。始終耳に入る雑音が、プライバシーを損なうことまでわかっているのです。

 これまでは壁が取り払われているオフィスのほうが、コミュニケーションが高まると信じられてきました。確かに、気軽に話しかけやすいのは事実です。しかし研究結果では、多くの人がワークスペースでは表面的で短い会話で済ませ、もっと話し込みたいときには別のスペースに移動するようになったといいます。これは、ワークスペースで耳をそばだてている人に会話を聞かれないためです。

 そこで取り入れる人もいるのが、イヤホンです。耳栓をしている人もいるかもしれません。オフィスの雑音は自力でコントロールができないため、イヤホンや耳栓をすることでやる気をアップさせようと考えているのでしょう。こうした人が多いのであれば、ワークスペース全体にBGMを流したほうが良い効果を得られるかもしれません。これは、イヤホンや耳栓をしている人には、仕事の話を振りにくく仕事効率の低下につながるためです。

 オフィスにBGMを流すメリットは、いくつもあります。集中力や企画力が上がることで、仕事効率が上がるでしょう。また、人間関係も円滑になるため、オフィスのメンタルヘルス対策にもなると言われています。各メリットについて、下記でくわしく見ていきましょう。

・集中力や企画力のアップ
 オフィスのBGMは、ある種の作業内容には生産性を高めるという研究結果が発表されています。その作業内容とは、日頃から慣れている仕事です。実験により、これまで何度もしてきた作業を行うときには、リラックスした集中状態にするためにBGMが効果的だとわかりました。これまでにも、外科医が手術室で音楽を聴くと良いオペができるとの研究結果が発表されたこともあり、オペの精度が上がったという結果も見逃せません。また、好みの音楽を聴いたほうが、効果が高まりやすいそうです。一方で、新しい仕事を覚えるときには、BGMがない環境のほうがよいということもわかっています。

オープンオフィスでは、従業員がお互いに助け合うメリットに期待できるという考え方もあります。しかし、人によってはかえって負担を抱えてしまうこともあるでしょう。助けを求めた人は良い結果を出し、助けたほうが悪い結果を出してしまったという実験結果もあります。これはオフィス全体の成果としては、良いこととはいえません。助けられるほうはこれまでの作業を続けながら助けてもらえますが、助けるほうは新たな作業に取り組むことになります。それが集中力を削ぐことになり、助ける人にとっては効率が悪い結果となるのです。集中力がいかに仕事効率に関係するかということがわかるでしょう。

・職場環境の改善
 オフィスでは仕事のプレッシャーだけでなく、人間関係に悩まされることもあります。また、いつもは良い関係にある人間関係が仕事の状況によって悪化することもあるでしょう。人間関係が苦しい職場環境にいると、仕事への意欲や集中力にも影響が出かねません。そんな環境を改善するために、オフィスのBGMが役立ちます。

 音楽は、出会ったばかりの人同士でもすぐに仲良くなれるという力を持っています。この作用により、オフィスのBGMにはコミュニケーションを円滑にする効果に期待できるのです。音楽を聴いたときに不思議とリラックスできるのは、懐かしい気分や穏やかな心情を音楽がもたらしてくれるため。さらに、音楽は副交感神経に直接的に作用することから、血圧や心拍の安定・唾液の分泌率・温感効果・消化管の機能上昇など、体に直接良い影響ももたらします。このような効果を利用して、音楽療法が行われているほどです。

 ストレスを溜め込んだ人が集まったオフィス内では、衝突の可能性も増してきます。BGMを流すことでオフィスの空気が緩和されれば、一人ひとりがリラックスして仕事に取り組むことができ、その結果、全体的な人間関係の調和も取れるでしょう。集中して取り組んだ作業や良いチームワークの中から、完成度の高い仕事が生まれるのは当然のこと。常にフレッシュなオフィス環境を保てば、新しい発想を生み出しやすい環境にもなるはずです。

・メンタルヘルス対策
 オフィスのメンタルヘルス対策は、法律として制定されるほどの必要性に迫られる事態となっています。しかし、メンタルヘルス対策といっても、どのようなことをすればよいのかわからない担当者も多いそうです。一斉に社内の規律を変えたりするよりは、BGMを流すことで穏やかに対策をしていくほうが従業員にとっても対応しやすいでしょう。

 ある実験では、ランチの後にアップテンポな音楽を聴いたところ、ランチ前より交感神経が優位になって自律神経などのパワーが上昇したそうです。自律神経のパワーがアップすると、疲れにくく、眠くなりにくくなります。ランチの後にはいつも眠くなって仕事効率が低下するという方は、オフィスのBGMでアップテンポの曲を聴いてみるとよいでしょう。

・オフィス空間の快適性
 オフィスの環境は従業員にとって快適であることが重要ですが、同時にオフィスを訪問するゲストにとっても快適であることが望ましいものです。ゲストは応接室に案内するという企業もあるでしょうが、それほどのスペースがなく、ワーキングスペースの一画を仕切って商談するという企業もあります。その際お客様が、ワーキングスペースを見学することもあるでしょう。ワーキングスペースがいつも快適で従業員が満足できる環境にあれば、いつゲストが訪問しても堂々と見学してもらえるはずです。

 オフィスにBGMを導入すると、まず音でゲストが違いを感じられるというメリットがあります。音楽の種類にもよりますが、穏やかな空気のオフィスや勢いのあるオフィスだという印象をBGMにより演出することができるためです。BGMがなければ、オフィス内の会話や、パソコンをはじめとしたOA機器の動作音がオフィスの音のすべてとなります。ときには無機質な雰囲気に感じられたり、ゲストには聞かせたくない会話が漏れてしまったりする可能性もあります。オフィスのBGMには、そのような問題を解消してくれる利点もあるのです。

・プライバシーを守る
 オフィスでは、さまざまな会話が交わされています。耳をそばだてていなくても、聞こえてしまう会話にストレスを感じる人や、逆に他者に聞かれてしまうことで会話しにくくなる人もいます。中には、体を動かした音によって非難される人もいるようです。オフィスのBGMは、プライバシーを守るためにも良い効果をもたらしてくれます。

・商談スペースのマスキング
 ワーキングスペース内の一画に商談スペースを設けている場合、商談内容やワーキングスペースの会話が漏れてしまうことは避けたいところです。オフィスのBGMには、こうした事態を防ぐマスキング効果もあります。

オフィスBGMのジャンル

 オフィスのBGMは、種類によっても期待できる効果が違ってきます。医療現場でも注目されている音楽療法では、バッハやモーツァルトなどが高い評価を受けています。集中力アップのため、リラックスのためなど、目的に合わせてBGMを選ぶようにしましょう。

番組情報

効果・目的 / シーンから選ぶ

効果・目的から選ぶ

シーンから選ぶ

あなたのオフィスにも
導入してみませんか?

まずは資料請求する

お電話での
お問い合わせ

0120-117-440

受付時間 9:00~22:30(年中無休)

pagetop