1. 働き方改革3つの対策で働きやすいオフィスを実現するポイント

BGMでの快適なオフィス環境作り

働き方改革3つの対策で働きやすいオフィスを実現するポイント

働き方改革3つの対策で働きやすいオフィスを実現するポイント

テレビや新聞などのメディアを通し、「働き方改革」というワードを目にする機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。これからの時代、企業の成長を促すうえで「働き方改革」が非常に重要な役割を担うといわれています。

今回は、どのような点から働き方改革が重要視されているのか、また働き方改革を実施するうえで必要な対策などについてご紹介します。

働き方改革は少子化と労働力低下の問題を背景に重要性を増している

働き方改革とは、働く人々がそれぞれの事情に応じたワークスタイルを選択し、雇用形態に関わらず公正な待遇を得られるような職場づくりを推進するために、政府が打ち出した政策です。[注1]

働き方改革が重要視される背景にあるのが、「少子化問題と労働力の低下」です。日本は深刻な少子化問題を抱えています。内閣府の調査によると、1975年以降子どもの出生数は年々低下の一途をたどっており、今後も日本の人口は低下していくと考えられます。そのため、いかにすくない労働力で効率的に企業活動するか、そして、いかに従業員のワークライフバランスを確保するかが求められています。[注2]

少子化の影響にともない労働力は低下していきます。労働力の低下は日本経済に大きな打撃を与えることが予想されており、政府は抜本的な対策が必要であるとの見解を示していました。
そこで政府から打ち出されたのが「働き方改革法案」です。

働き方改革のポイントは、「労働時間法制の見直し」と「雇用形態に捉われない公正な待遇の確保」です。
働き方改革が打ち出される以前の日本は、法律によって労働時間の上限が定められていませんでした。しかし、少子化が進み労働力が低下する中、長時間労働を余儀なくされる労働者が増え、心身の健康状態の悪化や過労死などさまざまな問題に発展しました。このことから、政府は2017年に「労働基準法」を改定し、労働時間の上限を設けました。これは1947年に労働基準法が制定されてから初めてのことです。

次に、同じく働き方革命の重要なポイントとなる「雇用形態にとらわれない公正な待遇の確保」に着目してみましょう。
少子化の影響から労働力が低下している現代の日本は、正規雇用の人数が少ない状態です。労働力を高め、企業の成長を促すためには、非正規雇用の働き手を活用することが鍵といえるでしょう。

このことから、政府は正規雇用と非正規雇用の間にあった不平等な待遇を無くし、より働きやすい職場づくりを推し進めています。そのために、会社内でさまざまなワークスタイルを実現していくとともに、産休や育休の取得、保育園の整備など、子育てに着目した制度を整えることが課題とされています。

[注1] 厚生労働省: 働き方改革
https://www.mhlw.go.jp/content/000335765.pdf
[注2] 内閣府: 出生数・出生率の推移
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/shusshou.html

企業にできる働き方改革3つの具体策

企業が働き方改革を実現するための具体策を3つご紹介します。

・1. 労働環境を改善する
労働環境を改善するためには、多様な働き方を企業全体で受け入れる必要があります。それまで、正規雇用と非正規雇用で格差があった企業では、「多様性を受け入れ一人ひとりに合った働き方を実現する」という考え方がすぐに受け入れられないケースも多いです。その場合は、新しい制度を導入する前に、社内全体で働き方改革の考えを受け入れる下準備が必要といえます。

具体的には

*経営層からメッセージを送る
*違いを受け止め合う
*成功事例を共有する

などの方法があります。これらの具体策を実施することで社員の意識を少しずつ変えていくことが大切です。

企業にできる働き方改革3つの具体策2

・2. 実際に働き化改革を実現するための制度導入
社内で働き方改革を受け入れる体制が整ったら、実際に、受け入れのための制度を導入していきましょう。

働き方には、フレックスタイムや朝方勤務、テレワークなど様々なものがあります。フレックスタイムや朝方勤務を導入することで、保育所への子供の送迎、ラッシュアワーの回避など働く人にとってさまざまなメリットが生まれます。テレワークを導入することで、在宅で仕事を進めることができ、通勤時間がなくなるため時間を有効活用できます。

チャットツールやクラウドの利用、テレビ会議システムの導入など、無料のソフトを積極的に活用することで、制度を導入しやすくなるでしょう。ただし、セキュリティ面への注意が大切です。

・3. 長時間労働への対策も欠かせない
働き方改革を進めるにおいて必要なのが「長時間労働への対策」です。少ない労働力で、企業の成長を促そうとすると、長時間労働に陥りやすく、社員の心身の健康を害してしまいます。多様な働き方を導入した後に、長時間労働を防止するための対策を立てることが重要です。長時間労働を防止するためには「早帰り制度」や「残業時間の短縮」などの対策を行い、心身をリフレッシュさせることが大切と考えられています。

残業時間を短縮するために!オフィスBGMを活用しよう

多様な働き方が認められると勤務時間が短くなったり、限られた時間で仕事を仕上げなくてはいけなくなったりする場合もあるでしょう。そのためには、社員の作業効率を上げ、時間を有効活用する必要があります。仕事の能率を上げるためには、企業全体でより仕事に集中しやすい作業環境づくりに取り組むことが大切です。

残業時間を短縮するための効果的な方法として挙げられるのが、「オフィスBGMを導入すること」です。音楽は、テンポや曲調によって聞く人の心身をリラックスさせたり、気分を高めたりする効果があります。音楽が心身に与える効果の高さは、実際に医療の現場やメンタルヘルス治療の場でも活用されており、その効果の高さを物語っています。[注3]

そのため、作業に適したBGMを選ぶことによって集中力を高め、仕事の能率を高める効果も期待できるでしょう。仕事の能率が高まれば残業時間を短縮できるため、長時間労働の防止に繋がります。

また、オフィスBGMを活用することで「マスキング効果」も期待できます。マスキング効果とは、オフィス内の騒音(キーボードの入力音や電話の話し声など)を音楽でカバーすることを指します。オフィス内の騒音が気になる人は意外に多いため、集中力を高める効果が期待できます。マスキング効果によって、大切な会議や商談の情報漏えいを防止する効果も得られるため一石二鳥です。

ほかにもオフィスBGMを導入するメリットとして挙げられるのが「イメージアップ効果」です。受付や窓口などは、企業の印象を左右する大切な場所といえます。上品で落ち着いた曲調のオフィスBGMを導入することで、社外から来客があったときのイメージアップにも繋がりやすいです。BGMを活用することによって、受付社員の対応が変わったという声もあり、オフィス全体の雰囲気を明るくする効果も期待できるでしょう。

[注3] 兵庫教育大学: BGMの効果及び問題点の研究
http://www.art.hyogo-u.ac.jp/hrsuzuki/students/hatuki.pdf

働き方改革の実現にはオフィスBGMと社内の受け入れ体制が大切

働き方改革を会社で実現していくことは、会社の成長を促すうえで重要です。働き方改革を実現するための具体策としては、「多様性のある働き方を認めるように経営層からメッセージを出す」、「違いを受け入れ合う」、「テレワークや早朝勤務、フレックスタイムなどの働き方を制度として導入する」などが挙げられます。社内で多様な働き方を受け入れる環境を整えてから、制度を導入することがポイントです。
また、労働力が不足しがちな企業では長時間労働が問題視されているため、労働時間を短くするための対策が必要とされています。残業を短縮し、労働時間を短くするためにも、オフィスBGMを活用することがおすすめです。

番組情報

効果・目的 / シーンから選ぶ

効果・目的から選ぶ

シーンから選ぶ

あなたのオフィスにも
導入してみませんか?

お見積もり・ご相談/資料請求

札幌・仙台・東京・
横浜・名古屋にて開催中!

オフィスBGM体験ツアーに申込む

お電話での
お問い合わせ

0120-117-440

受付時間 9:00~22:30(年中無休)

pagetop