1. 工事現場など音の大きな場所に適したオフィスBGMは何?

BGMでの快適なオフィス環境作り

工事現場など音の大きな場所に適したオフィスBGMは何?

工事現場など音の大きな場所に適したオフィスBGMは何?

様々な機械を利用して工事を行うことから、大きな音が発生する工事現場では、オフィスBGMを流してもあまり聞こえない可能性があります。そんな時、聞こえるように作業をするためには、どのようなオフィスBGMが適切なのでしょうか。

工事現場など、音の大きな場所に適したオフィスBGMは、何なのか詳しい内容を紹介していきます。

リズム感があるラジオがおすすめ

リズム感があるラジオがおすすめ

工事現場など音の大きな環境では、通常の音楽は聞こえない可能性があります。おすすめなのは、音声として聞くことが出来たり、気分によってチャンネルを変更することができるラジオを利用するということです。

音声は、音楽よりも耳に入りやすいため、音の大きな環境でもリズム感を得ることができます。また自分の気分に合わせて、チャンネルを切り替えることができるため、モチベーション向上にも効果的です。

ラジオを聴くと、トークだけでなく、音楽やCMなどバランスよく構成されているため、テンポよく展開されていきます。そのため、内容が上手く聞こえない時でもリズムを感じることはできるので、音が大きな場所でもラジオはおすすめです。

事前にラジオが流れる内容を時系列ごとに覚えておけば、工事現場などの時間を確認することが難しい環境下でも、正確な時間を把握してやすいのもラジオの利点といえるでしょう。

音声があるラジオで脳が活性化

音が大きな場所でラジオを聴くのは、リズム感やモチベーションが向上するだけでなく、脳を活性化させる効果も期待できるため、仕事の効率化を図ることができます。ラジオはどのような原理で、脳を活性化させるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

・想像力をかき立てることができる
ラジオは動画などと違い、映像はなく音声だけが聞こえてきます。そのため、話している内容や場面を想像することができ、前頭前野を刺激する効果があるのです。前頭前野を刺激することで、想像力をかき立て行動力向上に大きな効果を発揮してくれます。

行動力が向上することは、仕事を行う上で大切なことであり、効率化を図るためには重要な部分です。

・適度なノイズで安心感を与える
ラジオから発生する音声は、ノイズとして脳を刺激し、ただの音が発生するノイズと違い、人の話し声は安心感を与えてくれます。ラジオで話をしている人は、実際にその場にはいませんが、想像することで人物像など意識することは可能です。

それにより、想像力がかき立てられることと、近くで語り掛けてくるような安心感を得ることができます。

・気分転換になる
工事現場など音が大きな環境では、同じ音しかしないことから、モチベーションが低下してしまう恐れがあります。しかし、ラジオからの音声があれば、気分転換に利用することが可能です。

また多彩なチャンネルから、聞きたい内容を変えることができるため、その日の気分によって聞く内容を切り替えることができます。ラジオであれば、トークや音楽といった特定のジャンルに強いので、好みの内容に合わせることが可能です。

単純に大きくする場合は周囲を意識すること

音が大きな場所でオフィスBGMを流す場合、音量も大きくすることで聞こえるように対処することはできます。しかし、音量が大きすぎると、周囲に迷惑をかけることに繋がり、後から問題になる可能性があるので、オフィスBGMを利用する場合は、周囲を意識することが重要です。

特に工事現場といった環境下では、近くに住宅がある可能性もあるため、ご近所に迷惑をかけてしまう恐れがあります。適切な音量でオフィスBGMを聴くことが大切なので、マナーを守って音量を調整していきましょう。

音量をどれくらいの大きさに設定すればいいのかわからない場合は、適正音量を測る装置を利用するようにしてください。参考までに地下鉄の車内は80デシベル、オートバイの加速音は120デシベルとなっています。

工事現場は作業音が大きいためオフィスBGMも大きくなりがち

工事現場でオフィスBGMを取り入れる場合、どうしても作業音が勝ってしまうことから、オフィスBGMの音量を上げてしまうことに繋がります。ただ周囲への影響も考慮する必要があることから、音量は適切なレベルに調整することが大切です。

工事現場などの音が大きい場所では、ラジオがおすすめですが、音楽を聴くこともできます。自分のモチベーションが向上するオフィスBGMを選択し、作業の効率化を図ることが重要です。

ただ工事現場での作業では、静かになることがほとんどありません。そのため、低い音量でもオフィスBGMの効果が発揮されるように工夫を施すことが必要でしょう。

特に自分だけしかいない作業場では、つい音量を大きくしてしまいがちです。事前に音の大きい場所でも音量は、どのレベルまで上げても問題ないのか、マニュアルを作成しておくことも忘れないでおきましょう。

作業内容でオフィスBGMの音量が上がるケースもある

工事現場などでは、作業内容によって音が大きくなることもあります。特にコンクリートの打設といった作業を行う場合は、かなりの騒音になるでしょう。

そんな時は、オフィスBGMの音量を上げがちになるため、注意が必要です。自分が現場で聞こえないと感じていても、周囲から離れた環境で住んでいる方には、オフィスBGM自体がかなりの騒音になる恐れがあります。

迷惑がかからないレベルで、オフィスBGMを利用することがマナーです、音量は常に調整しておくことを忘れないでおきましょう。

 

音が大きくて聞こえ辛い場合はオーディオ環境にこだわる

工事現場などの音が大きくてオフィスBGMが聞こえ辛い環境では、スピーカーなどオーディオ環境の性能にこだわることをおすすめします。オーディオ環境を整えることで、音質や聞こえ方が異なるため、色々と音が大きな場所に適した性能のオーディオを揃えていきましょう。

 

例えば、工事現場であれば作業員の近くにスピーカーを置くことで、オフィスBGMを聞こえやすい状態にすることができます。吊り下げておくタイプのスピーカーであれば、かなり近くまで持ち運ぶことが可能です。

またスピーカーと接続するケーブルなどにもこだわりを持つことも重要になります。ケーブルの種類が、撚り線の素材として銅を使ったものであれば柔らかく温かみのある音に聞こえ、銀を使用するとシャープな高音を感じることが可能です。

音量を簡単に上げることができない環境下では、オーディオ環境を整えることで、聞こえ辛さをカバーすることができます。オフィスBGMが聞こえやすいようにするために、状況に合った性能のオーディオ環境を整えていきましょう。

工事現場などの音が大きな場所でオフィスBGMを聴く場合、ラジオはおすすめです。リズム感のあるラジオは、内容が聞こえ辛くても、作業の効率化を図ることができるため、有効的に活用することができます。

また脳の活性化についても、ラジオは大きな影響を与えてくれるため、積極的に利用していきましょう。

オフィスBGMの音量を上げることでも、音の大きな場所でもオフィスBGMの内容を聞こえやすいようにすることは可能です。しかし、その分周囲への影響も考慮して調整する必要あります。

苦情がくる場合は、オフィスBGMの使用ができなくなってしまう可能性もあるため、迷惑がかからないように注意していきましょう。

オーディオ環境を整えれば、小さい音でも鮮明にオフィスBGMを聞こえやすくすることは可能なので、色々と工夫を施してみるようにしてください。

番組情報

効果・目的 / シーンから選ぶ

効果・目的から選ぶ

シーンから選ぶ

あなたのオフィスにも
導入してみませんか?

まずは資料請求する

お電話での
お問い合わせ

0120-117-440

受付時間 9:00~22:30(年中無休)

pagetop