1. ストレスにも打ち勝つ!オフィスBGMがメディテーションの効果をもたらす!?

BGMでの快適なオフィス環境作り

ストレスにも打ち勝つ!オフィスBGMがメディテーションの効果をもたらす!?

ストレスにも打ち勝つ!オフィスBGMがメディテーションの効果をもたらす!?

仕事を行う上ではストレスと上手く付き合い、溜まらないようにすることや適度にストレス解消を行うことが重要です。しかし、中にはオフィスの環境が悪いために、ストレスを抱えてしまうこともあります。

そんな時は、オフィスBGMを導入して、ストレスが少ないオフィス環境を整えていきましょう。またオフィスBGMには、メディテーション効果もあると言われているので、集中力向上に役立ちます。

オフィスBGMとストレスは、どのような関係があるのか、詳しく解説していきましょう。

オフィスという空間がストレスに影響

オフィスという空間がストレスに影響

仕事を行う上で、様々なストレスと直面することがあります。その中でもオフィスという空間がストレスとなってしまう可能性があるので注意が必要です。

特にオープンオフィスの場合は、パーソナルスペースの確保が容易ではないため、閉塞感を抱いてしまう恐れがあります。パーソナルスペースがないと、人は不安を覚えてしまい、慢性的にその状態が続くとストレスになるのです。

ストレスを抱えた状態の方がオフィスで仕事を行うことは、心身の健康状態によくありません。また本来のパフォーマンスを満足に行えないことにも繋がるため、作業効率低下も招く恐れがあります。

そういったオフィスという空間にストレスを感じさせないために効果的なのが、オフィスBGMです。オフィスBGMを導入すれば、雑音を気にならなくさせるマスキング効果が期待できるため、オープンオフィスであったとしても、自分の作業に没頭することができます。

またアップテンポな曲を流すことで、モチベーション向上にも効果的で、行動力を上げるきっかけにもすることが可能です。

リラクセーション音楽を聴くことでメディテーション効果を発揮

音楽は感情をコントロールする力があり、ゆっくりしたオフィスBGMを流すことで、気持ちを落ち着かせて、リラックスさせる効果が期待できます。特に無音状態で緊張感のあるオフィスは、些細な音でも不快に感じるほどであることから、そういった環境にはオフィスBGMの導入は重要です。

またメディテーション(瞑想)やヨガなどでの利用を想定したリラックスできる音楽をオフィスBGMとして流すことで、普段以上に集中して考える時間を得るきっかけになります。集中力がすことから、オフィスBGMを導入することは仕事の効率化を図るためには、必要な手段といえるでしょう。

ただリラックス効果のあるオフィスBGMは、午前中や昼休憩の時に流すことをおすすめします。午後から流すと、昼食後の眠気の影響を受けてしまうため、集中力低下を招く恐れがあるため危険です。逆効果にならないためにも、ゆっくりしたオフィスBGMは、午前中や休憩中に流し、少しの時間でもいいのでメディテーションなどを行いリラックスして業務に望むことで集中できてストレスも軽減する効果が得られそうです。

参考:https://sibu2.com/meisou-kouka-houhou/

雨の音でストレス軽減

心を落ち着かせるヒーリング効果は、自然の音を聴くことで得ることができますが、特に雨の音を聴くことで人は心が穏やかになって、ストレスを軽減することに繋がります。なぜ雨の音が心を安心させてくれるのか、理由はいくつかあるのが紹介していきましょう。

1.1/fゆらぎ
自然の音の中に含まれる音のゆらぎのことを指していて、正しい規則性はありませんが、一定のリズムを刻む自然音で、気持ちを落ち着かせてくれる効果があります。このゆらぎの音は、心臓の鼓動と同じようなリズムを取ることから、人を安心させ心地いいものと認識させてくれるのです。

2.高周波で脳にいい刺激を与える
雨の音には、人の聴覚にはハッキリと聞こえない高周波が発せられています。「ハイパーソニック」とも呼ばれていて、脳を活性化させる効果が期待できるのです。またハイパーソニックは、α波が発せられているため、聞くことでリラックス効果が得られます。

3.嫌なことを洗い流すイメージ
雨の音がストレス軽減になる一つの理由としては、雨のイメージによる洗い流すという印象が効果的であると言われています。嫌なことも雨のように洗い流されるということから、スッキリした気持ちになり、リラックス効果が期待できるのです。

また雨のリラックス効果をより得るためには、ハイレゾとバイノーラルビートといった技術も加えるといいでしょう。

ハイレゾとは、CDの音源よりもさらに良質な音を再現する技術のことで、きめ細かい音まで再現することが可能です。CDの数百倍の再現率とも言われているので、より雨の音が鮮明に聞こえます。

バイノーラルビートとは、左右で異なる周波数の音を鳴らすことで、うねりを生じさせる技術のことです。左右で違う周波数の音が鳴ることで、臨場感を演出することができ、立体感のある音として認識することができます。

また左右の周波数の違う音を聴くことで、脳波がリラックス状態になるため、雨の音から得るリラックス効果を感じたいのであれば、導入しておきたい技術といえるでしょう。

参考:https://healingplaza.jp/archive/3524/

静か過ぎるのはストレス発生の原因になる

仕事に集中する時は、静かな方が集中できるという方もいますが、静かすぎる環境はストレスの原因になる可能性があるため注意しましょう。またオフィスで静かな環境といっても、話し声やキーボードを叩く音、プリンターの機械音など、雑音に溢れています。

通常は気にしないレベルの雑音でも、集中している時や疲労が溜まっている時は、過剰に反応してしまうことがあるため無視できません。慢性的に、その状態が続き我慢していると、うつ病にかかってしまう可能性もあるため、雑音が気になる時は無理しないことが重要です。

静かすぎることがストレスを招くのであれば、オフィスBGMを取り入れ、マスキング効果で雑音をかき消してしまいましょう。意外とすぐに解決する問題なので、雑音で仕事の効率化下がる時には、オフィスBGMの導入を検討してみてください。

人間関係の改善にもオフィスBGMが活躍

オフィス環境によるストレスだけでなく、人間関係でのストレスも仕事を行う上では避けて通れない道です。十分なコミュニケーションが取れていない場合は、人間関係に軋轢を生むきっかけになることもあるので、日頃から会話が出来る環境を整えることが、人間関係でストレスを溜めないことに繋がります。

オフィスBGMを取り入れれば、共通の話題でコミュニケーションが取りやすくなるだけでなく、明るい雰囲気を演出することができるため、話しやすい空気感が生まれるでしょう。

些細な会話を行うだけでも、人間関係は改善することもあるので、社内コミュニケーションを円滑に進めたいのであれば、オフィスBGMを導入することを検討してみてください。

オフィスは静かすぎたり、オープンオフィスの場合は、自分のパーソナルスペースが失われるため、ストレスを抱える原因になる恐れがあります。ストレスを少しでも軽減するためには、オフィスBGMを導入して、マスキング効果に期待しましょう。

 

またリラックスできるオフィスBGMを導入することで、メディテーション効果を発揮することが期待でき、集中力向上に繋がります。それに伴い、作業の効率化も期待できるので、積極的にオフィスBGMを取り入れていきましょう。

 

雨の音についても、ストレス軽減の効果が期待できる自然の音なので、一度取り入れてみてください。脳に直接刺激を与えて、気持ちを安心させてくれます。

静かな環境は、雑音を際立たせることに繋がるため、集中したい時にはオフィスBGMを導入して、社内全体が明るい雰囲気になるように演出していきましょう。オフィスBGMがあるだけで、社内コミュニケーションも円滑に進むので、人間関係に対するストレスも軽減されるはずです。

番組情報

効果・目的 / シーンから選ぶ

効果・目的から選ぶ

シーンから選ぶ

あなたのオフィスにも
導入してみませんか?

まずは資料請求する

お電話での
お問い合わせ

0120-117-440

受付時間 9:00~22:30(年中無休)

pagetop