1. ストレスチェック制度の導入と共にオフィスBGMの導入もしているその理由

BGMでの快適なオフィス環境作り

ストレスチェック制度の導入と共にオフィスBGMの導入もしているその理由

ストレスチェック制度の導入と共にオフィスBGMの導入もしているその理由

2015年に施行された「ストレスチェック制度」。企業では社内の労働時間や環境を変えるところも増えてきており、社員のメンタルヘルスを管理することを重点的に意識して改革を行っています。

そんな中、ストレスチェック制度が導入されたことで、オフィスBGMの導入も急増していることをご存知でしょうか。社内に音楽を流すことで、様々な効果が期待できるオフィスBGMは、社員のメンタルヘルスに大きな影響を与えています。

実際に急増している理由と、ストレスチェック制度とどのような関係性があるのか、詳しく解説していくので、参考にしてみてください。

■音楽で心地いいオフィス作りが実現

■音楽で心地いいオフィス作りが実現

会社の労働時間や環境に馴染むことができずに、離職や休職する方が増えていることが原因で導入された「ストレスチェック制度」。働きやすい環境作りを企業側が行うことが義務付けられたため、企業も様々な工夫を施しています。

その一つとして導入が急増しているのが、「オフィスBGM」です。オフィスに音楽を流すことで、オフィスの無音時間を減らし、緊張感を緩和する効果が期待できます。またリラックス効果も期待できるため、ストレスを軽減することが可能です。

オフィスBGMが導入されていない環境では、人の話し声やキーボードを叩く音でさえも、集中力を妨げることに繋がっていたため、作業効率が下がる傾向にありました。

そういった「騒音」をオフィスBGMという「音楽」で音をかき消すことで、働きやすいオフィス作りができるため、ストレスチェック制度導入に伴い、オフィスBGMの導入が急増したのです。

■オフィスBGMの導入で残業時間が削減

ストレスチェック制度の導入に伴い、労働時間の見直しを会社側は積極的に行っている傾向にあります。その中でも残業時間を削減する働きは、多くの企業が実践していて、ノー残業デーを導入している企業も少なくありません。

しかし、ノー残業デーを導入しても活用し切れずに困っている企業もたくさんあります。そこで残業時間削減に効果が期待できるのがオフィスBGMです。

終業時刻になる頃に、オフィスBGMで終業時刻をアナウンスする音楽を流せば、社員の意識が終業時刻に仕事を終わらせるような雰囲気を作ることができ、上司などが声掛けしやすい空気感も演出することができます。

声掛けを行いやすい雰囲気を作ることで、コミュニケーション向上にも繋がり、社内の雰囲気も明るくなるでしょう。オフィス内全体で、終業時刻に帰る意識を高めることで、残業時間を削減する効果が期待できます。

残業時間が減れば、社員のメンタルヘルス管理も十分に行えるため、ストレスチェック制度についての対策にもなるのがオフィスBGMを導入するメリットの一つです。

■マスキング効果で気兼ねなく会話が可能

オフィス内では電話の声やキーボードを叩く声など、様々な「雑音」が流れています。いつもは何でもなく感じる音でも、忙しい時や疲れが溜まっている時は、気になってしまうものです。

慢性的に気になる状態が続けば、「うつ病」に陥ってしまう方もいるかもしれませんし、ストレスチェック制度にも大きな影響を与えます。そういった雑音をかき消す効果が期待できるオフィスBGMを導入すれば、オフィスで働く人も働きやすく感じるはずです。

雑音を他の音でかき消すことをマスキング効果といい、聞かれたくない話をする会議室でオフィスBGMを導入することでも、効果が期待できます。

会議室では機密事項を話す機会もあるでしょう。そんな時にオフィスBGMがあれば、マスキング効果で他の人に会話を聞かれる心配がありません。

また中には、会議室が個室ではなく、オープンスペースの一角に設けられる企業もあります。オープンスペースで会議を行う場合は、周囲の声を気にして、十分に話すことができず、会議の進行に影響を与えることもあるでしょう。

しかし、オフィスBGMを導入すれば、オープンスペースでの会議でも、周囲に話の内容を聞かれることもなく、また周囲の声で会議が中断することもありません。有意義な意見を交わすことができるので、仕事の効率を上げる効果もオフィスBGMにはあります。

■コミュニケーションが楽に感じる

無音状態のオープンオフィスでは、会話をすることも躊躇してしまう方も多く、緊張感が漂う中で十分なコミュニケーションを取るのは難しいでしょう。またコミュニケーションを取れる環境が、喫煙室やロッカールームなど、閉鎖的な空間では社員同士のコミュニケーションに難色を示してしまいます。

なぜオープンオフィスでは十分なコミュニケーションを取ることができないのかというと、周囲の方に会話を聞かれる不安や緊張感があるためです。そこにオフィスBGMを導入すれば、周囲に会話の内容が聞かれずに済むため、コミュニケーション向上に大きな影響を与えてくれます。

オフィスBGMのマスキング効果があれば、社員同士の会話も行いやすい雰囲気を演出することができるため、ストレスを感じることなく、コミュニケーションを行うことが可能です。

■セラピー効果やリラックス効果が得られる

音楽を聴くこと自体が、精神疾患症状の症状改善に効果が期待できるため、医療現場でも実際取り入れていることも多いと言われています。

音楽には、ストレスや疲労の軽減だけでなく、リラックス効果や集中力向上にも効果的です。そのため、緊張感のあるオフィスにオフィスBGMを取り入れることで、ストレスの少ない働きやすい環境を作り上げることができます。

ストレスチェック制度が導入されたきっかけは、心的ストレスによる離職者や休職者が多いため、企業に取り組みを義務付けされました。社員のメンタルヘルスに異常が発生させないことがストレスチェックの目的であるため、オフィスBGMは社員の心の負担を軽くするために効果が期待できるオフィスBGMは、理想的な対策として取り入れる企業が急増しているのでしょう。

■音楽は感情をコントロールする

人は音楽を聴くことで、心の余裕ができたり、モチベーションを上げるきっかけにすることができます。これは音楽に感情をコントロールする力があるために、人の気持ちが変化しているのです。

そのため、行動力を上げたい時は、モチベーションが上がるアップテンポなオフィスBGMを流すことで、社内全体のやる気が向上します。反対にゆっくりとして曲を流すことで、リラックス効果が生まれて、ストレス軽減に効果が期待できるのです。

感情をコントロールする音楽をオフィスBGMで流すことで、社員の気持ちを一丸とし、ストレスが少ない働きやすい社内環境を作り上げるきっかけになるでしょう。

企業側はストレスチェック制度が導入されたことで、今までよりも社内環境をより良く変えていくこと必要となりました。職場環境を整えることが働きやすい職場作りに繋がるといっても、人を変えることは簡単ではありません。

しかし、音楽であれば親しみが深く、身近にある存在であるため、社員も受け入れやすいのが特徴です。オフィスBGMは、そういった環境改善に困っている企業側にとって大きな助けになるため、導入する企業が急増していることに繋がっています。

リラックス効果や仕事の効率化を図るだけでなく、マスキング効果や社内コミュニケーション向上にオフィスBGMは役立つでしょう。全くストレスのない職場環境を作ることは難しいですが、オフィスBGMであれば社員の心の負担を軽くすることはできます。

ストレスチェック制度の導入で、どのような対策を講じればいいのか悩んでいる方は、オフィスBGMを実践してみてください。

番組情報

効果・目的 / シーンから選ぶ

効果・目的から選ぶ

シーンから選ぶ

あなたのオフィスにも
導入してみませんか?

まずは資料請求する

お電話での
お問い合わせ

0120-117-440

受付時間 9:00~22:30(年中無休)

pagetop