2017/9/28

東海大学との共同研究「音による残業時間削減効果の研究」
協力企業募集のお知らせ

USENと東海大学は、昨今の社会問題となっている企業の長労働時間に対し、音楽の介入により改善を試みる科学的な研究調査を行います。
USENの放送サービスを使用し、調査研究にご協力いただける企業様を募集いたします!

調査研究協力企業募集概要

■対象規模(社員数):50名以上のIT関連企業
※執務室に内勤者50名以上が勤務していること

■調査期間:適宜開始。研究期間は8ヵ月

■調査方法:終業時間に「定時退社を促すアナウンス」などの音を流す期間、音を流さない期間を2ヵ月ずつ2回繰り返し(計8ヵ月間)、その導入前後の効果を測定・検証。残業時間データとアンケート調査結果を評価します。

■対象地域:関東(東京・埼玉・千葉・神奈川)、大阪、名古屋

■応募方法:本研究への応募やお問い合わせに関しては下記のメールアドレスにご連絡ください。
 株式会社USEN コンテンツプロデュース統括部 サウンドマーケティング課
 E-mail:sound@usen.co.jp

※本臨床研究は、ヘルシンキ宣言「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」を遵守して実施いたします。

※効果検証のため、貴社社員の勤務時間データをご提供いただきますが、個人情報のご提供は不要です。

※今回の調査研究結果は論文にまとめて発表する予定がございますが、社名や個人情報を公表することは、ございません。

※建物や設備の状況によってはご参画いただけない場合がございます。あらかじめご了承いただければ幸いです。

※調査研究に際して、貴社の金銭的負担は一切ございません。本調査研究に必要な放送機器・設備は弊社が提供いたします。