1. どこから手を付けたらいい?オフィス環境改善ポイントの探し方とアイデア

BGMでの快適なオフィス環境作り

どこから手を付けたらいい?オフィス環境改善ポイントの探し方とアイデア

どこから手を付けたらいい?オフィス環境改善ポイントの探し方とアイデア

オフィスは単なる仕事の場ではなく、社員のポテンシャルを発揮するための「クリエイティブ・オフィス」であるという考え方が広まりつつあります。オフィス環境を改善すれば、社員の生産性やモチベーションを高められるでしょう。
しかし、オフィス環境を改善するうえでどこから手を付けるべきか、わからないという方も少なくありません。

そこで今回は、オフィス環境の改善ポイントの探し方や、具体的なアイデアをご紹介します。

オフィス環境改善が必要な3つのポイント

どこから手を付けたらいい?オフィス環境改善ポイントの探し方とアイデア2

オフィス環境の改善が必要なポイントは、大きく分けて3つ存在します。オフィス環境が悪化すれば、社員が集中して仕事できなくなり、結果として生産性が下がってしまうリスクがあります。オフィス環境の改善点を定期的にチェックし、早めに対策を打つことが大切です。

・1. ワークスペースの騒音が気になる
オフィス近隣の環境によるものや、オフィス機器の出す音など、ワークスペースに騒音が発生している場合、社員は作業に集中できなくなってしまいます。また、騒音の耐えない環境で仕事をしていると心身が不調に陥る可能性もあります。オフィスのレイアウトを工夫したり、マスキング効果のあるオフィスBGMをかけたりするなどして、ワークスペースを静かで集中できる環境にしましょう。

・2. オフィスに休憩できるスペースがない
ワークスペースの環境が充実していても、仕事の合間に休憩できるスペースが充実していない企業は少なくありません。仕事のオンオフを切り替えられなければ、集中力が持続せず、社員がパフォーマンスを発揮できない原因となってしまいます。オフィスにまだ使われていないスペースがある場合、簡易的なものでもよいので、リフレッシュできるスペースを用意しましょう。

・3. 社内で活発に意見交換できる場所がない
個々人のワークスペースは完備していても、社内で自由に提案や意見交換を行える場所がなければ、オフィスの空気が停滞してしまいます。ミーティングルームやブレストスペースを用意するなど、社内のコミュニケーションを活発化する仕組みを導入しましょう。また、デスクの配置が悪く、社内のコミュニケーション導線が練られていないことでも、コミュニケーション不全は発生します。

オフィス環境の改善ポイントを見つける2つの方法

ここでは、オフィス環境の改善点を見つける2つの方法を解説します。日々のミーティングなどで従業員の声を取り入れつつ、必要に応じて他社のモデルケースを参考にすることが、オフィス環境改善への近道です。

・1. 経営者だけでなく従業員の声も参考にする
オフィス環境の改善点を探す際は、経営者レベルの目線だけでなく、実際にオフィスで働く現場の従業員の声を積極的に取り入れましょう。打ち合わせやミーティングなどのタイミングで、オフィス環境についての意見をこまめに出してもらうことで、定期的に問題点を洗い出せます。

・2. 先進的な取り組みをしている他社のオフィス見学を行う
オフィス環境の改善にいち早く取り組み、先進的な手法を導入している他社のオフィスを見学するのも1つの手段です。フリーアドレスやコワーキングスペースの導入、情報通信技術(ICT)の活用など、さまざまな取り組みをしている企業が存在します。自社の状況に合わせて、取り入れられる部分は積極的に取り入れましょう。

オフィス環境を改善するアイデアを3つご紹介

ここまで、オフィス環境の改善が必要なポイントや、改善点の洗い出し方を解説しました。ここでは実際の事例をふまえたオフィス環境改善のアイデアを3点ご紹介します。オフィス環境を改善したい方は参考にしてみてください。

・1. 用途や目的に合ったオフィスBGMをかける
オフィスBGMには、社員の精神状態を健康に保つメンタルヘルス効果や、周囲の雑音を打ち消すマスキング効果があります。単純作業の多い職場や、忙しい繁忙期などにリラックス効果のあるオフィスBGMをかけると、社員のストレスを軽減できるでしょう。

周囲の雑音が多い職場であれば、オフィスBGMで余計な物音をシャットアウトし、仕事の集中力を上げることも可能です。

・2. ちょっとしたカフェスペースを設ける
オフィスに余った空間があれば、お茶やコーヒーを飲めるカフェスペースを設けるのもおすすめです。仕事の合間にリフレッシュすることで、オンとオフを切り替え、より作業に集中できます。

従業員が多い場合は、オープンタイプのカフェテリアの設置も検討しましょう。リフレッシュ効果のほかにも、社内コミュニケーションを活性化し、部署の垣根を取り払えるというメリットもあります。

・3. 最適なオフィス照明を3種類の中から選ぶ
オフィスの照明は、従業員の仕事のしやすさにも影響しています。照明には3種類が存在し、白く明るい「昼光色」、自然光に近く生き生きとした「昼白色」、暖色系の「電球色」にわかれます。

ワークスペースには昼光色、会社の顔となるエントランスには昼白色、トイレや休憩室には電球色を用いるなど、状況や場面に応じて照明を使い分けることで、快適で過ごしやすいオフィス空間を作れます。

オフィスの環境を改善することで得られる3つの効果

オフィス環境の改善には3つのメリットがあります。社員の生産性やモチベーションが向上するだけでなく、コスト削減効果も期待できます。

・1. 社員のモチベーションが向上する
オフィス環境を改善すれば、社員のモチベーションも上がります。状況や場面に応じて、最適な照明やオフィスBGMを選ぶことで、従業員の満足度を高め、快適で働きやすい環境を作ることも可能です。

また、オープンスペースやカフェスペースなど、コミュニケーションを活発化する仕組みを設けることで、新鮮な刺激が生まれ、お互いのモチベーションによい影響を与えられます。

・2. 仕事の生産性を上げられる
オフィス環境の良し悪しは生産性と密接な関係があります。ワークスペースに騒音があったり、仕事の合間に休憩する場所がなかったりするオフィスでは、社員一人ひとりがパフォーマンスを発揮できません。

オフィス環境を見直し、仕事のオンオフを切り替えられる仕組みを作ることで、生産性向上につながります。仕事を効率化すれば、長時間労働も是正できるでしょう。

・無駄なコストを削減できる
オフィス環境の改善は「出費」にとどまらず、コストメリットも得られます。仕事がしやすいオフィス環境を作れば、社員一人ひとりの生産性を上げ、これまで無駄に費やされていた時間を減らせるのです。

また、古い設備を一新することでコストを削減できる場合もあります。たとえば、照明は白熱電球ではなく、LED照明やCCFL蛍光灯に入れ替えれば、およそ40%の節電効果が得られます。

オフィス環境の改善ポイントを探して3つのアイデアを導入しよう

今回は、オフィス環境の改善すべきポイントの探し方や、具体的な対策方法を解説しました。ワークスペースの騒音や、ミーティングルーム・休憩スペースの不備などがある場合は、従業員がポテンシャルを十分に発揮できなくなってしまいます。

オフィスの照明やレイアウトを工夫し、今一度オフィス環境を見直しましょう。とくにオフィスBGMは集中力を高め、社員のメンタルヘルスを健康に保つ効果が期待できるため、多くの問題を解決できます。

番組情報

効果・目的 / シーンから選ぶ

効果・目的から選ぶ

シーンから選ぶ

あなたのオフィスにも
導入してみませんか?

お見積もり・ご相談/資料請求

札幌・仙台・東京・
横浜・名古屋にて開催中!

オフィスBGM体験ツアーに申込む

お電話での
お問い合わせ

0120-117-440

受付時間 9:00~22:30(年中無休)

pagetop