セミナー情報

第2回 「企業のメンタルヘルス対策勉強会」実施レポート

 
第2回「企業のメンタルヘルス対策勉強会」実施レポート
2013年11月29日、株式会社 USEN本社に於いて精神科医の尾久裕紀先生をお迎えして「企業のメンタルヘルス対策勉強会」を実施いたしました。
当日は、企業の経営者や人事総務のご担当が多数ご参加され、企業のリスク管理の視点から考察したメンタルヘルス対策について聴講いただきました。また、Sound Design for OFFICEの導入事例や、職場・オフィスづくりと音楽の関わりをご紹介し、メンタルヘルス対策と音楽のポテンシャルについて理解を深めていただくことができました。

実施概要

講演タイトル 企業のメンタルヘルス対策勉強会
開催日時 2013年11月29日(金) 15:00~17:00
参加費 無料
対象 企業経営者、人事・総務部門のご担当者
プログラム内容
①『リスクマネジメントとしてのメンタルヘルス』
立教大学特任教授・精神科医 尾久 裕紀 先生
②『ワークスタイルを変革するオフィスとは』
(Sound Design for OFFICE導入企業の事例紹介)
株式会社インテリジェンスホールディングス 槌井 紀之 様
③『音楽が職場を変える 働きやすいオフィスは簡単に作れる』
(音楽と職場の関わり及びSound Design for OFFICEのご紹介)
株式会社USEN 放送企画本部 森角 香奈子

講師プロフィール

立教大学特任教授・精神科医 尾久 裕紀 先生
立教大学特任教授・精神科医 尾久 裕紀 先生
精神科臨床医と産業医の立場からこれまで多くのビジネスパーソンと関わり、職場におけるメンタルヘルスの問題に取り組んでいる。最近多くなったといわれる、典型的ではない「うつ」に関して具体的な対応について検討している。
【経歴】:東海大学病院、神奈川県立精神医療センター等に勤務の後、フランスポールギロー精神科専門病院留学。北青山診療所院長、白梅学園大学教授を経て、現在は立教大学現代心理学部心理学科特任教授。日本リスクマネジメント学会評議員、日本産業カウンセリング学会理事。
また、企業の産業医、精神科コンサルタントも務める。
【著書】:「精神の迷宮 心はなぜ壊れるのか」、「働く人の心の病」、「うつを感じたら真っ先に読む本」など多数。