オフィスに最適なBGM

Sound Design for OFFICEは、音の力で働く人にやさしく、機能的なオフィス環境をつくります。

Sound Design for OFFICEは、
音の力で働く人にやさしく、機能的なオフィス環境をつくります

「音で空間を最適にデザインする」というコンセプトのもと選曲・編成し、機能的ベネフィットを追及したサービスです。職場でのメンタルヘルス対策の重要性がクローズアップされる中、USENがこれまでに培った「BGMをお届けする」というノウハウを最大限に活用し、働く人が1日の大半を過ごすオフィス環境を快適にするためのお手伝いを「音」で・・・そんな思いを込めています。オフィスに最適なBGMを「集中力向上」「リラックス」「リフレッシュ」「気づき」の4つの機能別にカテゴライズ。快適で過ごしやすい空間デザインをサポートする音のオフィスソリューションです。

オフィスに最適なBGMを4つの機能別にチャンネルをカテゴライズしてお届けします

企業にとって重要課題になってきた「メンタルヘルス対策」

近年の企業を取り巻く環境の厳しさとうつ病患者等の増加を受け、厚生労働省をはじめとするさまざまな行政機関や団体による、職場のメンタルヘルスケア対策やEAP(従業員支援プログラム)についての調査・研究やサポート活動が近年活発になっています。
また、その動きに伴い「メンタルヘルス対策」の重要性が企業にも周知され、「メンタルヘルス対策」を最重要課題の一つとして取り組み始めています。

メンタルヘルス対策を実施している企業は年々増加している

メンタルヘルス不調者の増減傾向は横ばいで改善傾向には至っていない

最近3年間におけるメンタルヘルス不調者の増減傾向(%)
  2008年
(248社)
2010年
(252社)
増加している 55.2 44.4
横ばい 24.6 33.7
減少している 2.8 9.5
その他 3.2 1.6
分からない 14.1 10.7
出典 : 財団法人 労務行政研究所

推薦者からの声

音楽評論家、作詞家、日本音楽療法学会理事 湯川 れい子

「Sound Design for OFFICE ~働く人のメンタルバランス・ミュージック ~」を推薦します。

音楽評論家、作詞家、日本音楽療法学会理事
湯川 れい子

音楽は、人類にとって最も古い副作用のない良薬であることが、最近では医学的にもずいぶん解明されてきました。
(財)聖路加国際病院理事長で、今年10月が来れば満102歳になられる日野原重明先生が会長をしておいでになる日本音楽療法学会では、およそ6000人近い会員が、音楽の精神的、肉体的な効用について、医学的な見地から勉強、研究、実践をしています。
音やリズムが人間の脳や心臓に働きかけて、定常性を整え、自律神経に好ましい影響を与えたり、免疫力を高めることは、良く知られています。
そこで、その音楽の性質、音色やテンポ、エモーショナルなテイストを組み合わせることによって、集中力が増したり、休息感が得られてリラックスできたり、気付きやひらめきをうながす等の働きを、意図的に利用することも、職場にとってはとても有効なことだと考えています。

2013年2月

プロフィール

1960年、ジャズ評論家としてデビュー。その後、エルヴィス・プレスリーやビートルズを日本に広めるなど独自の視点によるポップスの評論・解説を手がけ、世に国内外の音楽シーンを紹介し続けてきた日本ポップス・シーンの立役者。ラジオDJをはじめ、講演会、テレビでの審査員、コメンテーターとしても知られる。また「ランナウェイ」、「センチメンタル・ジャーニー」、「恋におちて」など数多くのヒット曲を生んだ作詞家としても著名。ディズニー映画『美女と野獣』、『アラジン』などの日本語詞も手がけている。最新著書は、12年12月に発表の「評伝・湯川れい子 音楽に恋をして♪」(朝日新聞出版)。